大人気ランキング記事一覧はこちら!

BingのSEO対策完全ガイド!アクセスUPに効果を発揮

bingのSEO対策は必須

皆さんブログやサイトのSEO対策してますかー

今回は検索エンジン「Bing」のSEO対策のお話。

検索エンジンといっても、そのシェア率は全世界と日本国内では多少違ってきます。

もちろんブログやサイトを運営する上では世界・日本でもシェア率ナンバー1を誇る検索エンジンのGoogleでのSEO対策は欠かせない最重要項目です。

しかしながらGoogleファーストでSEO対策を図り他の検索エンジンは全く対策を施していないというブロガーは非常に多いです!

エル

これって勿体ない話だと思いませんか?

Google以外の検索エンジンにおいてSEO対策を講じることによって得られる評価でまだまだ伸びる可能性だってあるわけですよ!

検索エンジン【Bing】の特徴

検索エンジンBingはMicrosoftが運営する検索エンジンです。

Bingは「意思決定エンジン」というコンセプトがあり、他の検索エンジンと差別化を図っているとはいうもののGoogleの検索エンジンと比べるとはやはり精度が落ちる。

しかしWindows10やiPhoneに使用されている検索エンジンの為、使用している人も少なからずいるのです。

今回の記事では検索エンジンの優秀さは別にどうでもいいのです!

エル

使える検索エンジンかどうかはまた別の話!

要はその検索エンジンを使っている人がどれくらいいるのかが問題なのです。

検索エンジン別シェア率について

検索エンジン別シェア率について

ここで少し各検索エンジンごとのシェア率について少しだけお話したいと思います。

検索エンジンのシェア率を調べることのできるツール「StatCounter」を利用して解説していきたいと思います。

StatCounter」はアイルランドの会社が運営しているアクセス解析ツールサービスでGoogleアナリティクスのようなものです。

StatCounterとGoogleアナリティクスを比較検討しているブロガーの人は結構いますが、その比較から見てもStatCounterの精度は高い方だと言えます。

そのツールで各検索エンジンのシェア率を調べてみると・・・

【全世界】検索エンジン別シェア率

Google Yahoo! Bing その他
92.04% 2.67% 2.39% 1.78%

【日本国内】検索エンジン別シェア率

Google Yahoo! Bing その他
75.31% 20.91% 3.05% 0.59%

(2019年6月7日調べ)

僕たちブロガーが戦っているのは基本日本国内です。

Googleが強いのは一目瞭然なわけですが、Yahoo!やBingのシェア率が低いと言っても1%でも相当なユーザー数な訳でこの検索エンジンのSEO対策も捨て置けません。

検索流入はブログやサイトへのアクセスの要です!

検索エンジン【Bing】のSEO対策

検索エンジン【Bing】のSEO対策

ということで簡単にできるBingのSEO対策としてまず最初にすることはBingウェブマスターツールを導入していくということです!

このBingウェブマスターツールは簡単に言うとGoogleSearchConsoleのBing版であり記事のインデックスやサイトマップの送信はここから行います。

これを導入しインデックス等を行うことでBingにおける検索順位への影響は大きいとされておりアクセスアップに繋がるというわけです。

では実際にBingウェブマスターツールを導入する手順について画像と説明を交えて解説していきたいと思います。

ヨメ

簡単だから早速やってみよー

Bingウェブマスターツール導入方法

まずはBingウェブマスターツール側での操作です!

手順1
WEBマスターツールに登録する

Bingウェブマスターツールにサインアップ

まずWEBマスターツールに登録します。

 

WEBマスター入門“サインアップ”から登録開始

「Microsoft」「Google」「Facebook」のいずれかのアカウントでBingに登録。

 

手順2
自分のサイトを追加

自分のサイトのURLを入力する

 

Bingに登録できたら自分のサイトのURLを入れ追加します。

追加ボタンを押すと“私のWEBサイトについて”という詳細情報の入力欄に進みます。

 

自分のブログのサイトマップを入力

 

ここで入力しないといけない項目は簡略化して3箇所。

  • 自分のブログ・サイトのURL
  • 自分のブログ・サイトのサイトマップ
  • メールアドレス
注意
SSL化されている場合「s」の抜けに注意

自分のブログのサイトマップは以下の通りに入力します。

https://(自分のブログのURL)/sitemap.xml

サイトの詳細入力は以上で終わりです。

手順3
自分のサイトの所有権の確認

次にGoogleアナリティクス等でも経験していると思いますが、サイトの所有権の確認の作業に進んでいきます。

所有権の確認方法は2パターンありますが、今回はオプション2の方法で確認作業を進めます。

オプション2
“<meta>タグをコピーして既定のWebページに貼り付けます”

 

metaタグをコピーする

 

画像のように囲ってある場所のmetaタグをコピーして自分のサイトの<head>セクションにコピーしたタグを貼り付けていきます。

手順4
WordPressにmetaタグを貼る

WordPressに移動したらダッシュボードの「外観」→「テーマエディタ」に進みます。

編集するテーマを選択し(親テーマ)style.cssのheader.php(テーマヘッダー)内の</head>を探してその1つ前にコピーしたmetaタグを貼り付けます。

 

「外観」→「テーマエディタ」

 

上手く貼り付けられたか確認してから【ファイルを更新】してBingウェブマスターツールに戻り【確認】ボタンをクリックしてください。

Bingウェブマスターツールのダッシュボード画面になれば完了です。

注意
簡単といえどもテーマを編集します。
バックアップを忘れずに取り編集は自己責任でお願いします。
手順5
記事をインデックスする為にURLを送信

Bingウェブマスターを無事導入できたら書いた記事をインデックスさせていきましょう!

ダッシュボードより「URLの送信」から行っていきます。

 

URLを送信しインデックスする

 

これでBingに記事がインデックスされるはずです。

記事を書いたらBingにもインデックスさせるようにしましょう!

注意
BingにURLを送信できるのは1日10件という制約があり残数カウンターに表示されます。

エル

ざっと手順を説明しましたが大丈夫でしたでしょうか?

URLのインデックスをするときの注意点

Bingに記事をインデックスさせる際の注意点とは「URL」です。

これは様々なBingのSEO対策で言われている内容ですが、URLに「?」や「&」といった記号を使った動的URLを含めない静的URLの方がいいとされています。

MEMO

動的URLとは

「?」や「&」が含まれたURLのことで、パラメーター名、値が付加されていているURLのこと

静的URLとは

「?」や「&」が含まれないURLで動的URLのようにパラメーター名や値が付加されていないURL

普段から静的URLを使っている人には関係ないですが、BingにおいてはSEO上あまり推奨はされていないようです。

BingにおけるSEO対策のメリット

bingにおけるSEO対策のメリット

Bingウェブマスターツールのトップページキャッチコピー。

「もっと多くのユーザーに自分のサイトを利用して欲しいですか?」がドドンっと出てくるわけですが、もちろん「YES」なわけですよ!

これはまさにBingでもSEO対策すれば多少は自分のサイトにユーザーを訪問させることができますよ?WinWinな関係になりましょうと言っているようです。

まぁ実際のところBingの国内のシェア率でいうと3%ちょっとな訳ですが、SEO対策にお金がかかるわけでもないので利用するメリットは大きいと言えます。

全デバイス・ユーザーの利用率3%と言っても馬鹿にはできない数字です。

アクセス数が増えない、収益が増えないと困っている人にとってSEOで打てる手はすべて打っておくこれは単純な戦略でとても有効的な手法だと思います。

要するにサイトへの誘導窓口を増やし1PVでも増やす。

これがメリットというわけです!!

検索エンジンBing対策はアクセス数アップに繋がる

ネットで調べ物をするときに必ず検索エンジンを経由することになると思いますが、自分のサイトへの窓口を増やすことによって確実にアクセス数は増えます。

ブログでは記事を書いた後にGoogleに記事を早くインデックスさせる為にGoogleSearchConsoleを使う人も多いと思いますが、Bingウェブマスターツールまで使っている人は案外少ないです。

Bingウェブマスターツールを使いBingにインデックスさせることで、このSEO対策をしていない人に差をつけることができるのだから是非活用してみてください。

エル

対策している人が少ない=ブルーオーシャンなのです!

今後Bingはさらにシェアを拡大する

今後Bingはさらにシェアを拡大する

検索エンジンの分野においてBingがGoogleのユーザーシェア率を追い越すということはまずありえないです。

それほど検索エンジンの分野ではGoogleが強いということ。

しかし今後シェア率拡大は十分にあり得ることで現に数年前と比べユーザーシェア率は高くなってきています。

1%でもシェア拡大するということは結構すごいアクセス数なのです!

BingウェブマスターツールとGoogleSearchConsoleの併用でさらに自分のブログやサイトへの窓口が広がり集客アップに効果的だと言えます。

BingのSEO対策まとめ

現状の検索エンジンのSEO対策においては小手先の対策はあまり意味がないとされています。

特にGoogleはコアアップデートを繰り返し、検索順位の上位に表示させるための対策は日々変化してきていると思います。

しかし今までのSEO対策でも効果が全くないというわけではないと思います。

小手先のSEO対策だって100%無意味だと言い切れる人はいないんですよねー

エル

情報が公開されていないので100%という情報はないのです!

僕のSEO対策の方針は「やれることはすべてやる」

自分のブログやサイトの評価が上がるとされていることは全てやっておいた方が僕はいいと思います。

検索エンジンはGoogleをはじめとして日々進化しています。

その進化についていきながら今までのSEO対策も並行してやっていくのは非常に手間と時間がかかって大変ですがこれがブロガーやアフィリエイターの宿命ですね・・・

エイジングフィルターがアクセス数の上がらない原因か!?その解除方法とは?エイジングフィルターがブログのアクセス数が伸びない原因か?解除法は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です