大人気ランキング記事一覧はこちら!

ディズニー映画「アラジン」評価・感想!原作はアラビアンナイトじゃない?

ディズニーの新作「アラジン」の実写版見てきました!

アラジンを見ての感想や評価あと原作について記事にまとめてみました!

見に行ってみようかなと考えている人や原作について調べている人必見の情報満載です!

ヨメ

楽しみにしてたんだよねー見れてよかった!
見に来ている人凄いいっぱいだったよ疲れた・・・

エル

映画「アラジン」作品情報

作品詳細

作品名 アラジン
主演・出演 ウィル・スミス
メナ・マスード
ナオミ・スコット
監督 ガイ・リッチー
劇場公開日
上映時間
2019年6月7日
128分

今回ご紹介する映画「アラジン」はディズニーアニメの名作「アラジン」を実写映画化。

監督には「シャーロック・ホームズ」の監督を務めたガイ・リッチー。

主演にはアラジン役で「メナ・マスード」ジャスミン役で「ナオミ・スコット」が務め、今作の目玉となる「ウィル・スミス」が演じるジーニーと見所いっぱいの作品です!

まずアラジン役のメナ・マスードはAmazon米ドラマのジャック・ライアン等の脇役としての出演はあったもののほぼ無名の俳優さんが大抜擢されました。

ジャスミンを演じたナオミ・スコットもほぼ無名で公式発表されている今作のアラジンで映画4本目の女優さんですね!

アラジンで演じる役はアクション・歌・踊りと色々大変だったみたいですが、ジーニーを演じてウィル・スミスはさすがラッパー「ザ・フレッシュ・プリンス」と活動していただけあって圧巻です!

その他映像の美しさやディズニーアニメ「アラジン」の再現性なども今作の見所です!

「アラジン」の吹き替え版声優陣

日本語吹き替えで見る派の人が気になるのは、やはりディズニーアニメ「アラジン」の実写版作品の声優陣でしょう!

日本語吹き替えの声優を役別に見ていきましょう!

アラジン役 中村倫也

アラジン役中村倫也

 

ジャスミン役 木下晴香

ジャスミン役木下晴香

 

ジーニー役 山寺宏一

ジーニー役山寺宏一

 

ジャファー役 北村一輝

ジェファー役北村一輝

 

ジーニー役はアニメ版アラジンと同じく山寺宏一さんが務めましたが、若干雰囲気が変わっている気がします。

山寺さんはウィル・スミスの日本語吹き替えをやっているのでウィル・スミスの吹き替えに寄せていたんじゃないかと思うのですがさすがという感じです!

アラジンとジャスミンの吹き替えを担当した中村さんと木下さんは声優にちょっと苦労したようでプレッシャーも結構あったと語っていました。

ヨメ

歌も結構あるし大変だったと見ていて分かるよ!

映画「アラジン」の感想と評価

「アラジン」の感想と評価

今回ディズニー映画「アラジン」を鑑賞して見て思った感想と評価をしてみたいと思います。

少しだけネタバレを含みます!ご注意を!

映画自体の感想はウィル・スミスありきだなと感じた・・・

確かに「アラジン」はアラジンとジャスミンそれにジーニーが主役と言ってもいいくらいジーニーの役は重要な部分ではあります。

ただアラジンメインではなくジーニーメインで話が進んでいるような気がしたんですよねー

エル

それが狙いだったのかな?

歌のパートはウィル・スミスはラッパー出身ということもあり間違いない感じでジャスミンを演じたナオミ・スコットの歌唱力も圧巻で本業の歌手のようでした。

しかし、アラジンを演じたメナ・マスードの歌がちょっと残念だったような気がします。

アクションや演技がそこそこだったのでもったいない気がしたといったところ。

ストーリー面に関してはアニメ版と本筋は同じで笑いあり、ハラハラあり、感動もあってさすがディズニーといった感じで評価できる作品です。

ストーリーで辻褄が合わなかったり違和感があるような場面もなかったと思います。

ただジャファーがジーニーの魔法で最強の魔法使いになったにも関わらずあっさり出番終了というあの終わり方は強引だなーと感じたけど仕方ないですねー

僕はディズニーのアニメからの実写版の映画で例えば「美女と野獣」とか「シンデレラ」内容は面白いと思うけどあまり雰囲気が好きではないんです。

でもこの「アラジン」はそうゆうロマンチック?メインな話ではない雰囲気で結構好きな作品でした。

そうはいってもラストの場面アラジンが黙って出ていった後ジャスミンが追いかけて命令するシーンは結構感動したりしましたw

女性視点のプリンセス映画はちょっと無理という人にもお勧めできる映画です。

アラジンの評価
これ面白い!楽しめる度
(4.0)
ドキドキハラハラ!度
(3.0)
これ泣ける!感動度
(3.5)
総合評価 【69.3点】
(3.5)

「アラジン」の原作は?

「アラジン」の原作は?

ディズニー映画「アラジン」の原作を知っていますか?

有名だし知っている人も多いと思います!

一般的に知られている原作は

英名「アラビアンナイト」和名「千夜一夜物語」と言われています。

「千夜一夜物語」とは?

「千夜一夜物語」とはイスラム社会における説話集。

ペルシャの王に妻が毎夜物語を語る形式を採る。

英語版の題名である「アラビアンナイト」の名称で広く知られている。

Wikipediaより引用

「アラジンと魔法のランプ」や「アリババと40人の盗賊」などがアラビアンナイトで特に有名なお話ですね!

ディズニー映画の「アラジン」はアラビアンナイトの話の1つである「アラジンと魔法ランプ」が原作ですが、実はアラジンと魔法のランプがアラビアンナイトの話かどうか実際のところよく分からないのです。

何故分かっていないかというと、実はこの「アラジンと魔法のランプ」はアラビアン・ナイト原典を訳した本の中には収録されている物語ではあるのですが、肝心の原典の方には収録されていないのです。

様々な本に訳され研究されていく歴史の中で極端な話勝手に増えていった物語の1つというわけです。

ちなみにアラビアンナイトで有名な「船乗りシンドバードの物語(シンドバッド)」「アリババと40人の盗賊」も原典には収録されていない増えていった作品の1つだということが分かっています。

エル

実際のところ誰が考えた物語なのか気になりますねw

僕は見た映画などの気になった作品の原作を調べてみるのが好きなんですが、調べてみると面白い事実や新たな発見もあって非常に面白いですよ!!

ディズニーの「アラジン」も原作の「アラジンと魔法のランプ」の話とはかなり内容が変わっています!

まとめ

今回の「アラジン」の感想と評価はちょっと辛口評価だったかもしれませんが、ディズニー実写映画の中でも結構当たり作品だと思います。

とは言ってもさすがディズニー予算もかなりのものなのでそう外れ映画はあまりないんですけどねー

映画館へ行って見る価値の映画ですよ!

ぜひ見てみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です