大人気ランキング記事一覧はこちら!

キーボードのキーの外し方!正しくキートップを外して綺麗に掃除する方法

キーボードのキーを外して掃除する方法

ついつい忘れたり後延ばしにしてしまうパソコンのキーボード清掃

どんなに手を綺麗にしていても色々な物を持ったり触ったりする手は予想以上に汚れているものです。

[chat face=”Lキャラ吹き出し用.png” name=”エル” align=”left” border=”gray” bg=”gray”]スマホとかすごく菌だらけとか聞いたことありませんか?[/chat]

パソコンのキーボードも同じで想像以上に汚れているものです。

特にパソコンのキーボードは構造上、隙間が多くホコリやゴミが入り溜まりやすく、そのままにしておくと故障につながる可能性もあります。

故障リスクを減らすためにキーボードの正しい清掃法をご紹介!

キーボードのキートップを外してしっかり掃除

キーボードの正しい清掃法

キーボードの清掃手順キートップの取り外し方掃除方法注意事項について詳しく説明していきます!

キーボード掃除の参考にしてみてね!

キーボードの清掃手順

キーボード清掃の流れについての説明です!

[box01 title=”PCキーボード掃除の流れ”]
  1. 清掃用具の用意
  2. PCの電源をOFF
    キーボードのコードを抜く
  3. キーボードの写真を撮る
  4. キートップを外す。
    ノートなど外れにくいものは外さない
  5. キーボード清掃
  6. キートップ組み立て
  7. 清掃完了
[/box01]

清掃の流れはこんな感じです!

掃除する前に各説明と注意事項もまとめてあるので最後まで読んでみてからの清掃をおすすめします!清掃はあくまで個人責任でお願いしますね

キーボードのキートップの配置は写真を撮るのが基本

[jin-img-shadow]

キーワードのキートップ配置写真

[/jin-img-shadow]

キーボード本体からキートップを外して掃除する際に注意したいこと

それはキートップの配置です。

キートップをすべて外し清掃して「さぁ組み立てよう!」としたらキートップの配置が分かんないという問題を起こさないためにもキーボード全体の写真を撮っておくのがベスト!

掃除する前に必ず配置の分かりやすい写メを撮っておこう!!

[chat face=”Mキャラ吹き出し用.png” name=”助手” align=”left” border=”red” bg=”red”]これ忘れると後で大変な思いをすることになるよっ[/chat]

キーボードからキートップを外す方法

最初に注意しておくとキーボードからキーボードを外す時は慎重に丁寧に取り外すようにしてください!無理そうなら外さないことをおすすめします。

では外せそうな場合キートップを外していきましょう!

中心に接続部分があるのでその周りの隙間に器具を入れ上に持ち上げる感覚で取れるはずです。思いっきりやりすぎるとキートップが飛んでいくので注意!

[jin-img-shadow]

キーボード取り外し方法

[/jin-img-shadow]

キートップは専用の引き抜き工具があるとスムーズに外すことができますが、ない場合は薄めのマイナスドライバー等で代用できますよ。

何回も言いますが無理に外す必要はありません。

キートップが取れにくいキーボードの場合は

[jin-img-shadow]

パンタグラフ式キーボード

[/jin-img-shadow]

最近のノートパソコンのキーボードに採用されている「パンタグラフ式」のキーボードは非常にキートッップが外れにくく無理をして外すと止めておくための爪が折れてしまうことがあります。

壊してしまったら清掃どころではありません。

ノートパソコンの「パンタグラフ式」キーボードの場合は、キートップがはまっている本体との隙間も小さく設計されていることが多く分解清掃はあまりおすすめしません。

この場合、エアダスターでの清掃をしつつキートップ間の隙間を綿棒等で清掃してあげるくらいにとどめておいた方が良さそうです。

 

キーボードの清掃を始めよう

ではキーボードの掃除を始めていきましょう!

まず取り外したキートップの清掃です。

[jin-img-shadow]

キートップの掃除方法

[/jin-img-shadow]

キートップ1つ1つを丁寧にアルコール除菌系のウェットティッシュ等で綺麗に掃除をしていきます。

水洗いをしたい場合は必ず水分が無くなるまで感想させてください!

細かい部分は綿棒を使うといいですよ!

よく色々なサイトで「激落ちくん」などで綺麗に汚れが落ちると紹介されていますが、僕はあまりおすすめしません!

なぜなら激落ちくんなどのスポンジには研磨剤が練りこまれているため、汚れを落としているのではなく削っているからです。

うまく汚れだけの層を削れるならアリですが、強くこすりすぎると傷になります。

と、話が逸れましたが次は本体です。

[jin-img-shadow]

キーボードの掃除

[/jin-img-shadow] [chat face=”Lキャラ吹き出し用.png” name=”エル” align=”left” border=”gray” bg=”gray”]汚くてごめんなさい・・・[/chat]

本体の清掃には時間短縮のために、大きいホコリやゴミはエアダスターで吹き飛ばすようにしてからキートップ同様に清掃していきましょう!

おすすめは綿棒にウエットティッシュを巻きつけて掃除がやりやすいよ!

[jin-img-shadow]

キーボードの清掃方法

[/jin-img-shadow]

綺麗になったら最初に撮っておいた写メの配置どうりに組み立て、動作確認をしたらキーボード清掃の完了になります。

 

キーボードの清掃頻度はどのくらいがベスト?

キーボードの清掃の頻度はどれくらいがベストかと気になる人もいれば買ってから1度も清掃をしたことがないという強者も少なくないと思います。

結論から言わせてもらうとキーボードの清掃は汚れが気になった時にだけするのではなく定期的に掃除してあげるのがベストです!

ちなみに僕は表面の拭き掃除は週に1、2度くらいでキートップを外して内部まで清掃するのは3ヶ月に1度程度です。

月一のペースでキーボードの内部清掃をしているとそれほどホコリなどは溜まっておらず清潔に保たれていると思います。

しかしあまり多い頻度でキートップを外して清掃すると本体とキートップの接続部が甘くなりすぐに外れるようになったり故障の原因にもなるので注意が必要です。

 

キーボード掃除の注意点

キーボードを綺麗にするつもりが逆に故障の原因になってしまわないように注意すべき点について少し説明しておこうと思います。

  • 強い溶剤系の洗剤での清掃はダメ!

強い成分の溶剤系の洗剤で殺菌のために清掃したいと思うかもしれませんが、これはキーボード自体を損傷させかねないので注意です!

キートップの文字及びキーボード自体の色が剥げてしまう原因になります。

  • 水分の残るような清掃はNG!

パソコンだけではなく電化製品の内部は水分や湿気は故障に繋がる原因となるため水分は厳禁と言えます。

キーボードの清掃にはアルコール系の清掃用具や無水エタノール系の揮発するものを使用するのが最適なので覚えておくようにしてください!

  • 清掃頻度が多すぎないように注意

先ほども説明したように頻度の多い清掃は逆に故障につながってしまう場合もあるので注意して行うようにしておきましょう!

 

キーボード清掃後の感想まとめ

キーボードの清掃はゴミがなくなった感があり感度やキートップの押し加減が違うように思います!言葉では言いにくいですが・・・

雑菌等も綺麗になくなりとっても衛生的な気がします。

定期的に清掃がおすすめです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です